十代の男性型脱毛症はオイルマッサージで治す

十代はヒゲが生えるなど男性ホルモンが多く分泌される時期です。男性型脱毛症とは、男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びついてジヒドロテストステロンを生み出すことで引き起こされる症状です。よって十代はすでに男性型脱毛症になる準備ができるので、髪の毛が薄くなる可能性もあります。しかし十代で男性型脱毛症を治療する専門のクリニックに行くのは、恥ずかしさや経済面から難しいです。そこで、十代のうちはオイルマッサージで症状を改善します。特にホホバオイルは頭皮に使用すると、余分な皮脂が除去されて、ベタつきを抑えます。また殺菌効果もあり炎症を抑制するため、健康的な頭皮環境を作ります。天然成分なので、副作用もありません。オイルマッサージのポイントは3つあります。まず血流を促進させることです。髪の毛はタンパク質からできているため、合成するために酸素や栄養素を必要とします。マッサージすることで、皮膚が刺激されて血液量が増えます。しかし頭皮だけをマッサージしても効果があまり出ません。頭は心臓よりも上の位置にあることから、頚動脈の近くで血液が滞ってしまいます。耳の後ろから顎の下をなぞるようにマッサージすると、頭皮にも血液が送られます。次に頭皮を柔らかくすることです。男性型脱毛症では、頭皮が硬くなって毛根が深く根付けなくなります。入浴すると水分や蒸気で頭皮が一時的に柔らかくなるので、体が温まっているうちにホホバオイルで丁寧に揉みほぐします。そして、毛穴の汚れをしっかり落とします。頭皮の毛穴にはアポクリン腺という汗を分泌する皮脂腺があるので、毛穴に皮脂が詰まりやすいです。いつもよりシャワーの水圧を強くすると、毛穴内部までオイルが届きます。

ページトップへ