男性型脱毛症患者の抜け毛を予防する薬

AGAとも呼ばれる男性型脱毛症に悩む男性はたいへん多くなっています。一般的に言って、男性型脱毛症を引き起こす主な原因は、DHTつまりジヒドロテストステロンという物質にあります。この物質は、男性型脱毛症患者の頭皮に存在しています。特に、頭皮の脱毛部分に多く存在しているということが発見されています。このDHTから脱毛のサインが出されると、毛髪は普通に成長する前に抜けてしまうことになります。毛髪が抜け落ちてしまった結果として、短く細い頭髪が多くなり、頭皮は薄くなってしまうというわけです。それで、このような症状があらわれる男性型脱毛症に悩む人は、是非とも抜け毛を効果的に予防するようにしたいものです。
そこで、上手に利用したいのが抜け毛予防に効果のある薬でしょう。実に色々な薬が販売されている中で、最も効果的なのは、男性型脱毛症の原因物質とも言えるDHTの生成を抑える薬であると言われています。この点で、たいへん多くの人々の注目を集めている成分があります。それがフィナステリドと呼ばれるものです。フィナステリドは、発毛を阻害する原因となっている男性ホルモンの働きを抑制することができる成分として広く知られています。この働きによって抜け毛を予防することができるというわけです。実際に、フィナステリドを主成分とした薬の効果は、多くの男性型脱毛症患者によって確認されています。前頭部や頭頂部などの抜け毛が改善されたという症例が数多く見られています。もちろん、この種の薬は医薬品であるため、処方には医療機関による診断や検査を受けることが必要です。大事な頭髪を守るために、出来るだけ早期の診察を受け、早めに予防策を講じるようにしたいものです。

ページトップへ